りんごびと

Apple 製品・アプリの情報をご紹介してます。またWebなどのフリーメモ。

【Mac】複数画像のファイル形式を一括変換する方法「Automator」で超効率化!

スポンサーリンク

Automatorで複数の画像ファイル形式を一括変換する

 

 

今回は「Automator」を活用した画像のファイル形式を変換する方法をご紹介します。 

Automatorアプリ

 

「Automator」は Mac に標準搭載されているアプリケーションなのでインストール不要です。

また、複数の異なるファイル形式の画像もまとめて一括変換できる優れもの。

活用しない手はないですよ。

 

 

他にも画像のファイル形式をまとめて一括変換する方法はありますので、興味のある方はこちらをご確認ください。

www.ringo-bito.com

 

 

Automator で画像のファイル形式を変換する設定

 

1. 「Launchpad」もしくは「アプリケーション」フォルダから「Automator」を起動する。

Automatorの起動

 

2. 「新規書類」をクリック。

新規書類作成

 

3. 「クイックアクション」>「選択」の順にクリック。

クイックアクション

 

4. ウインドウ上部の2項目を変更する。

  • ワークフローが受け取る現在の項目→「イメージファイル」
  • 検索対象→「Finder.app」
ワークフロー設定

 

5. 左サイドバーから「イメージのタイプを変更」を選び、ドラッグ&ドロップして「追加」をクリック。

アクション設定

 

6. 「イメージのタイプを変更」の設定。

今回は変換後の形式を「JPEG」に設定しますが、「TIFF」など任意でフォーマットを選択してください。

保存先も任意の場所を設定。(ここでは「デスクトップ」にします)

イメージタイプ変更の設定

 

7. メニューバーの「ファイル」>「保存」の順にクリック。

※ 「command + S」ショートカットキーでもOK。

ワークフロー保存の手順

 

8. クイックアクションの名前をつける。

ここでは「JPEG に変換」とします。

※ ここで設定した名前がコンテキストメニュー(右クリックで表示するメニュー)にアクション名として表示されるので、わかりやすい名前がいいでしょう。

クイックアクション名の設定

 

設定は以上です。

 

 

複数の画像ファイル形式をまとめて一括変換する

では、Automator で作成したクイックアクションを使って、複数枚の画像のファイル形式をまとめて JPEG に変換してみましょう。

変換する画像ファイル(PNG・JPEG2000・TIFF)

フォーマットがそれぞれ異なる上記3つの画像ファイルをまとめて一括変換したいと思います。

異なるファイル形式の画像

 

1. すべての画像ファイルを選択した状態で「右クリック」>「サービス」>「JPEG に変換」の順でクリック。

コンテキストメニュー操作手順

 

JPEG に変換された画像ファイルが生成されました。

異なるフォーマットでも、まとめて変換できましたね。

JPEGに変換された画像

 

  

その他の画像ファイル形式をまとめて一括変換する方法はこちら

www.ringo-bito.com

 

 

まとめ

このクイックアクションを利用すれば、右クリック(コンテキストメニュー)から簡単にファイル形式の変換が行えるので操作性も抜群。

しかも、形式が異なる画像ファイルもまとめて変換できるので超便利です。

 

効率化を測りたい方は、是非ご活用ください。