りんごびと

Apple 製品・アプリの情報をご紹介してます。またWebなどのフリーメモ。

【Mac USキーボード】El Capitan以降、変更された日本語入力切替のキーボートショートカットを従来の設定に戻す方法

スポンサーリンク

Mac USキーボード

 

 

OS X El Capitan から US キーボードの日本語入力切り替えショートカットキーが変更されました。

ちょっと混乱している人も多いので、簡単にまとめておきます。

※ 以前のショートカットキーを載せているサイトも見かけますので。

 

OS X El Capitan 以降、「英・かな」入力ソース切替のショートカットキー変更について

OS X El Capitan 以前・以降で「英字・ひらがな」の入力ソース切替(日本語入力切替)と「Spotlight」のショートカットキーが入れ替わっています。

つまり

OS X El Capitan 以前

入力ソース切り替え「command + space」

Spotlight「control + space」

  

OS X El Capitan 以降

入力ソース切り替え「control + space」

Spotlight「command + space」

と、入力ソース切り替えと Spotlight のキーボードショートカットが逆に。

 

更に混乱を生じさせているのが、El Capitan 以降発売の Mac やクリーンインストールした Mac では、El Capitan 以降のショートカットキーになりますが、 Yosemite から El Capitan へアップグレードしただけでは従来のショートカットキーがそのまま引き継がれるという事です。

 

では本題に。

El Capitan 以前のキーボードショートカットに慣れている人は従来の設定に戻したいですよね。

「システム環境設定」から変更できますのでご紹介します。

 

「英・かな」入力ソースと Spotlight のキーボードショートカットを従来の設定に戻す方法

 キーボード環境設定のショートカット画面を開く

1. メニューバーの「入力ソース」アイコン >「日本語環境設定を開く」の順に進む。

※ メニューバーの「アップルマーク」>「システム環境設定」>「キーボード」の順でも OK です。

文字入力メニューの画像

 

2. 「ショートカット」タブをクリック。

キーボード環境設定画面の画像

 

 

「入力ソース切替」と「Spotlight」のショートカットキーを変更する

「入力ソース切替」ショートカットキーの変更

1. 「入力ソース」>「前の入力ソースを選択」の順にクリック。

入力ソース設定の操作手順の画像

 

2. 青く反転させたらキーコンビネーション名をクリック。

入力ソースのショートカットキー変更手順の画像

 

3. ショートカットキーを指定する。

新しく指定したいショートカットのキーを押すと指定できます。

今回は「command」と「space」キーを押す。

入力ソースショートカットキーの指定手順の画像

 

4. ショートカットキーが変更されました。

※ 重複の「⚠︎」注意マークが表示されますが、今回は「Spotlight」も変更するので気にしなくて大丈夫です。

入力ソースのショートカットキー変更完了の画像



 

「Spotlight」ショートカットキーの変更

1. 「Spotlight」>「Spotlight検索を表示」の順にクリック。

Spotlight設定の操作手順の画像

 

2. 青く反転させたらキーコンビネーション名をクリック。

Spotlightのショートカットキー変更手順の画像

 

3. ショートカットキーを指定する。

新しく指定したいショートカットのキーを押すと指定できます。

今回は「control」と「space」キーを押す。

Spotlightショートカットキーの指定手順の画像

 

4. ショートカットキーが変更されました。

Spotlightのショートカットキー変更完了の画像

 

これで、OS X El Capitan 以前のショートカット設定になりますので、従来の設定に戻したい人は参考にしてください。