りんごびと

Apple 製品・アプリの情報をご紹介してます。またWebなどのフリーメモ。

【Mac USキーボード】ワンボタンで「英字・ひらがな」入力切替。追加アプリなし!

スポンサーリンク

USキーボード入力切替

 

 

Mac の US キーボードには、英語と日本語の入力を切り替える単体キーがなく、入力ソースを切り替えるには「control + space」のショートカットキーを使わなくてはなりません。

USキーボードの画像

※ OS X El Capitan 以前と以降ではショートカットキーが変更されています。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

「control + space」での入力ソース切り替えが煩わしく、Karabiner などのアプリをインストールしてカスタマイズする方法もありますが、OS アップデートで動作しなくなるのも不安です。

 

なので、Mac 標準搭載されている機能を使って「英字・ひらがな」の入力切り替えがワンボタンで行えるようにしたいと思います。

 

 

「caps lock」を「英字・ひらがな」入力切替キーに設定する

Mac には、標準で「caps lock」を入力ソース切替に割り当てる設定が備わっています。

英字の大文字を入力する場合「shift」を使うのが一般的なので、「caps lock」キーって普段ほとんど使わないと思います。

なので、「caps lock」キーを入力ソース切替に変更します。

 

1. メニューバーの「入力ソース」アイコン >「日本語環境設定を開く」の順にクリック。

日本語環境設定を開く手順の画像

 

2. 「Caps lockの動作」を変更します。

日本語環境設定画面の画像

 

3. プルダウンメニューを開き、「オフの時「英字」を入力」を選択します。

「Caps lockの動作」のプルダウンメニュー画像

 

4. 設定完了です。

、「オフの時「英字」を入力」を設定した画像

 

この設定で「caps lock」をオン(ランプ点灯)時は日本語、オフ時は英語が入力できるようになります。

 

「caps lock」を「英・かな」入力切替に変更する選択肢としては

  • 「オンの時「英字」を入力」
  • 「オフの時「英字」を入力」

の2種類がありますが、「オフの時「英字」を入力」をオススメします。

理由についてはこちらの記事に詳しく記載していますのでご参考ください。

 

「caps lock」キーを「英・かな」入力切替に設定すると、ホームポジションから小指でポンと配置的にも良く、更にワンボタンで切り替えられるため、快適な環境でタイピングが行えます。

US キーボードをお使いの人は、ぜひ試してみてほしいと思います。