りんごびと

Apple 製品・アプリの情報をご紹介してます。またWebなどのフリーメモ。

【PNG⇄JPEG】Macのプレビューで画像のファイル形式を変換する方法

スポンサーリンク

Macで画像のファイル形式(PNG⇄JPEG)を変換する方法-タイトル画像

 

 

Mac で画面のスクリーンショットを撮ると、ファイル形式は「PNG」で作成されます。

この PNG ですが、アップロードできないサイトがあったり、容量が結構大きかったりと何かと不便なことが多い。

 

そんな時に、簡単にファイル形式を変換できるのが Mac に標準搭載されている「プレビュー」アプリです。

プレビューアプリの画像

 

 

「プレビュー」でファイル形式 (PNG⇄JPEG)を変換する

 

1. 画像を「右クリック」>「このアプリケーションで開く」>「プレビュー」の順で開く。

画像をプレビューで開く手順の画像

 

2. メニューバーの「ファイル」>「書き出す」の順にクリック。

ファイル形式を変換して書き出す設定画面を開く手順画像

 

3. 「フォーマット」タブをクリックし、変換したい形式を選択する。

今回は「JPEG」を選択します。

変換形式を選択する画像

 

4. JPEG の場合は「品質」バーが現れるので調整しましょう。

※ 変換後のファイルサイズも確認できますよ。

画像品質を調整する画像

 

5. 「保存」をクリック。

保存ボタンの画像

 

完了です。

JPEG 画像ができました。

JPEGに変換された画像

 

保存する時、「書き出し名」や「場所」(保存先)などは適宜変更してくださいね。

 

今回は、ファイル単体での形式変換する方法でした。

 

複数の画像ファイルの形式をまとめて一括変換したい場合はこちら

www.ringo-bito.com