りんごびと

Apple 製品・アプリの情報をご紹介してます。またWebなどのフリーメモ。

【Mac】アプリを関連ファイルごと完全削除できる「AppCleaner」アンインストーラーが最強!なのにフリーソフト!!

スポンサーリンク

アップクリーナーでアプリをアンインストール

Mac で不要になったアプリをアンインストールするとき、アプリをゴミ箱に捨てて削除してもいいのですが、この通常の削除方法だとアプリの「関連ファイル(ゴミファイル」が残ってしまいます。

アプリケーションは基本的に「Appファイル(本体)」と「専用フォルダ」などのインストール時に生成されるものを組み合わせて動作します。
そしてアプリを使えば、更にファイルなどが生成されて行きます。

なので上記の削除方法だと「Appファイル(本体)」は Macintosh HD から削除されますが、生成された「関連ファイル(ゴミファイル」は残ってしまうのです。

Mac にゴミファイルなんか残したくないですよね。
容量も圧迫しますし。

そこで不要なアプリの関連ファイルごと、まとめて削除できる「AppCleaner」をご紹介したいと思います。

「AppCleaner (アップクリーナー)」は自動的にアプリケーションの関連ファイルを検出してくれるので、すべてのファイルが削除できる便利で優秀なアンインストールアプリです。

しかもフリーソフト!

Mac 必須アプリ間違いなしです。

 

AppCleaner のダウンロード&インストール

1. AppCleaner 公式ページへアクセス。

⬇ ダウンロードはこちら

AppCleaner

 

2. 「Downloads」項目から最新バージョンをクリック。

アップクリーナーダウンロードページ

3. 「ダウンロードフォルダ」から「アプリケーションフォルダ」へドラッグ&ドロップで移動。

アプリケーションフォルダへ移動

以上で完了です。

 

AppCleaner でアプリケーションをアンインストール

使い方はシンプルで簡単。

2種類のアンインストール方法があるので好きな方で行ってください。

 

ドラッグ&ドロップでアンインストール

1. 「AppCleaner」を起動させる。

アップクリーナー

AppCleaner のウインドウ。

アプリケーションドロップウインドウ

2. AppCleaner に「アプリ」をドラッグ&ドロップ。

アプリケーションをドラッグ&ドロップ

3. Appファイル(本体)と関連ファイルがリストアップされます。

「Remove」ボタンをクリックしてアンインストール開始。

関連ファイル一覧

4. Mac ユーザ「パスワード」を入力して「OK」をクリック。

変更許可を与えるためにMacパスワード入力

これでアンインストール完了です。

 

アプリケーションリストからアンインストール

Mac にインストールされているアプリケーションをリスト表示させて、削除したいアプリを選んでアンインストールさせる方法です。

1. ウインドウ右上の「リストアイコン」をクリック。

Mac にインストールされているアプリがリストアップされます。

アプリケーション一覧

2. 削除したい「アプリ」をクリック > 「Remove」ボタンをクリックする。

選択したアプリと関連ファイルの削除

3. Mac ユーザ「パスワード」を入力 >「OK」をクリック。

Macの変更を加えるためのパスワード入力

アンインストール完了。

 

AppCleaner でウィジェットを削除

AppCleaner はアプリ以外にも Mac にインストールされている「ウィジェット」も削除することができます。

 

1. 右上の「リストアイコン」> 左上の「プルダウンメニュー」の順にクリック。

プルダウンメニューでリスト変更

2. 「Widgets (ウィジェット)」を選択する。

ウィジェット

3. Mac にインストールされている「ウィジェット」がリストアップされます。

ウィジェット一覧

4. 削除したいウィジェットを選び「Remove」をクリック。

選択したウィジェットと関連ファイルの削除

これでウィジェットのアンインストールができます。

 

AppCleaner でプラグインを削除

アプリ、ウィジェットだけでなく「プラグイン」までアンインストール可能。

 

1. プルダウンメニューの「Plugins (プラグイン)」を選択。

プラグイン

2. 「プラグイン」がリストアップされます。

プラグイン一覧

3. 削除したいプラグインを選び「Remove」をクリック。

選択したプラグインと関連ファイルの削除

これでプラグインのアンインストールができます。

 

ゴミ箱に捨てたアプリの関連ファイルを自動で削除させる

AppCleaner には「SmartDelete (スマートデリート)」という機能が搭載されています。

この機能を有効にしておくと、AppCleaner を起動させなくても、アプリケーションをゴミ箱に捨てれば、バックグラウンドで勝手に「関連ファイル(ゴミファイル)」を自動検出して一緒に削除してくれます。

この「SmartDelete」はすっごく便利な機能なので、ぜひ活用してください。

 

SmartDelete を有効にする

1. ステータスバーの「AppCleaner」>「Preferences」の順でクリックする。

アップクリーナーからPreferences

2. 「SmartDelete」タブを選んでスイッチを「ON」にする。

スマートデリートのスイッチ

 

まとめ

AppCleaner はシンプルな作りなのに、すごく便利な機能まで搭載されている優秀なアプリです。

しかも「アプリ」だけでなく「ウィジェット」や「プラグイン」までアンインストールできるので、この「AppCleaner」をインストールしておけば、ほかの削除ツールは必要ありませんね。

Mac のアンインストールツールは「AppCleaner」で決まりです!