りんごびと

Apple 製品・アプリの情報をご紹介してます。またWebなどのフリーメモ。

エミュレータ「Andy」を日本語入力に対応させる「Google 日本語入力」のインストールとおすすめ設定

スポンサーリンク

アンディ日本語入力

「Andy」はAndroid を PC 上で動作させるエミュレータソフト。

デフォルトでは日本語表示には対応しているが、日本語入力は未対応。

なので今回 Andyに「Google 日本語入力」アプリをインストールして日本語入力を可能にし、実用的にする方法をご紹介したいと思います。

 

Mac に「Andy」をインストールする方法はこちら

【Mac】Android エミュレータ「Andy」のインストールと初期設定 + 日本語入力アプリの導入方法 - りんごびと

www.ringo-bito.com

 

Andy に「Google 日本語入力」をインストール

1. 「Google Play ストア」を起動する。

グーグルプレイストア

2. 検索ボックスで「google nihongo」と入力してみましょう。

グーグルプレイストアのホーム画面

3. 「Google 日本語入力」がヒットするのでクリック。

グーグル日本語入力

4. 「Google 日本語入力」のページに移動したら「インストール」をクリック。

ダウンロードページ

5. ポップアップ内の「同意する」をクリック。

アクセス先の同意

6. インストールが始まります。

インストール中

7. インストール完了。

「開く」をクリックして「Google 日本語入力」を起動しましょう。

インストール完了

次は「Google 日本語入力」の初期設定を行います。

 

Google 日本語入力の初期設定

1. 手順1(入力言語を設定するセクション)

「設定で有効にする」をクリック。

言語と入力設定

2. 「Google 日本語入力」を選択する。

キーボードと入力方法

3. 入力内容の収集を許可する同意。

内容を確認の上「OK」を押しましょう。

ヒント

気になる人は「Google 日本語入力」を利用したキーボード入力でアカウントのパスワードやクレジットカード番号などの個人情報の入力は避けた方がいいかもしれませんね。

情報収集に関する注意

4. 手順2(デフォルトの入力方法を設定するセクション)

「入力方法を選択する」をクリック。

デフォルト設定

5. 「日本語」を選択する。

入力方法のセットアップ

6. 使用統計情報を送信する同意。

  1. 機能改善に役立てる統計情報を匿名で送信してもいいという人は「同意する」に「チェック」を入れます。
    送信したくない人は「チェック」を入れずに次へ進みましょう。
  2. 次に進むにはキーボードの右下にある「 ▶ 」を押します。

匿名で使用統計情報送信の同意

7. 設定完了です。

「キーボード機能を表示する」をクリック。

設定ウィザード終了

8. Google 日本語入力のチュートリアル。

チュートリアルを飛ばしたい人は「スキップ」をクリック。

確認したい人は「 > 」をクリックして読み進めます。

単語の学習

絵文字とテンキー

テーマの選択

「スキップ」もしくはチュートリアル最終ページの「完了」をクリックすると「Google 日本語入力」の設定画面が表示されます。

初期設定の完了

これで初期設定は完了です。

 

「ソフトウェアキーボード」と「物理キーボード」について

  • ソフトウェアキーボード
    スクリーンに出現するキーボードのことで、マウスポインタをキーに合わせてクリックすると入力できます。
    Andy では「縦画面」と「横画面」のウインドウ切り替えがボタンひとつでできるので「縦画面」と「横画面」それぞれソフトウェアキーボードのレイアウトを設定できます。
  • 物理キーボード
    コンピュータのキーボードのことで、いつもお使いのようにキーを手打ちして入力します。
    ただし、通常の入力方法で入力できない文字もありますので、よく使う記号として「 @ 」の入力方法だけご紹介しておきます。
    「 @ 」は「shift + 2」を押して入力してください。

物理キーボードでは通常の入力方法と違う文字があったりするので常時、物理キーボードを使用する場合であってもソフトウェアキーボードの設定もしておくのも実用的かなと思います。

ソフトウェアキーボード設定をしてスクリーンにキーボードが出現していても物理キーボードでの入力はできますので。

両刀使い OK 、おすすめです。

 

Google 日本語入力のおすすめ設定

ここで紹介する設定は「ソフトウェアキーボード」を使う設定です。

物理キーボードのみ使用する場合は、この項目の設定は必要ありません。

この設定は「Google 日本語入力」と「設定」の2つのアプリで行います。

Google 日本語入力アプリの設定

1. 縦画面のソフトウェアキーボード設定。

  1. 入力キーボードは「ケイタイ配列」を選択する。
  2. 英字入力は QWRTY に「チェック」を入れる。

縦画面のソフトウェアキーボード設定

縦画面の設定が終わったら下にスクロールしましょう。

2. 横画面のソフトウェアキーボード設定。

縦・横画面で同じソフトウェアキーボードのレイアウトを使用する場合は、この項目の設定は必要ありません。
縦画面のソフトウェアキーボード設定だけで OK です。

  1. 横表示固有の設定の使用に「チェック」を入れる。
    この項目に「チェック」を入れると横画面のキーボードが個別設定になります。
  2. 入力キーボードは「QWERTY」を選択する。
  3. 英字入力は QWERTY に「チェック」を入れる。

横画面のソフトウェアキーボード設定

Google 日本語入力アプリでの設定は以上です。

 

設定アプリの設定

1. ドックにある「設定」アプリを起動する。

設定アプリ

2. 左メニューで「言語と入力」を選択。

ユーザー設定

3. 「デフォルト」をクリック。

キーボードと入力

4. デフォルトでの入力方法の設定。

  1. ハードウェア(物理キーボード)を「OFF」にする。
  2. 「日本語」を選択する。

入力方法セットアップ

設定アプリでの設定はこれで以上です。

 

キーボードレイアウトの確認

おすすめ設定した場合のソフトウェアキーボードのレイアウトです。

横画面の日本語入力キーボード。

日本語入力オンスクリーンキーボード

横画面の英字入力キーボード。

英字入力オンスクリーンキーボード

縦画面の日本語入力(左)と英字入力(右)キーボード。

縦画面オンスクリーンキーボード

この設定を応用してレイアウトを変更し、自分に合った仕様を見つけてくださいね。

 

まとめ

Andy はホーム画面が Android と同じ仕様なので直感的に使える、すごく使いやすいエミュレータです。

多機能なことも含め、機能性や Mac との互換性についても数あるエミュレータの中でも抜きん出た感があります。

特に日本語入力に対応させた場合、物理キーボードの互換性が悪くソフトウェアキーボードを使わなければ実用的でないものも存在します。

その点だけをとっても Andy は両方(ソフトウェア・物理)のキーボードをセッティングさせての二刀流使いや、縦・横画面で違うキーボードレイアウトを設定させたりと実用性も高いエミュレーションシステムですね。

Andy を日本語入力に対応させて Android アプリを楽しんでください。